So-net無料ブログ作成

ガンガン・7月号感想 [スクエニ]

本日の更新は「最新号のお部屋」にガンガンの感想を書きました。

では、さっそく総評です。
面白かったのは、無能なナナ、FFLS、裏世界ピクニック、など。
今月は読み切りや出張掲載がないという割と珍しい月で、安定感が出てきた感じがしました。

今月からの新連載「魔女らば魔女れば」。
「今日のケルベロス」を連載していた桜井亜都さんの新連載です。
力を制御できない魔女の少女と、その子に命を助けてもらったことのある少年が恩返しのために女装して同じ魔女の学校に入学する、という話でした。
設定に関しては……まぁ、キャラにしろ世界観にしろ全てが全てどこかで見たことあるもので、捻りも何もない、ただひたすらにベッタベタで王道なものでした。
しかしながら、これは「今日のケルベロス」のときも同様で、超王道な話をあえてやる、というスタイルというのはむしろ作者らしいな、と感じました。
連載していく分には問題ないかと思います。

来月から「ソウルイーター」の完全版が刊行開始ということで大々的な宣伝ページがありました。
「炎炎ノ消防隊」が7月からアニメ放映開始されるので、多分そのタイミングで売った方が売り上げが伸びるからなのだと思うのですが(多分帯に「アニメ放映中作品の作者の伝説的な作品」みたいなことが書かれるのかと)、相変わらず過去作品に頼っているよなぁ、と思うと少し寂しくなります。
定期的にアニメ化作品が出ていますし、まだ休刊になったりはしないと思うのですが、未だ「鋼の錬金術師」に頼っている部分もあったりしますし、本誌を取り巻く状況は厳しいのかな、と感じます。
nice!(3)  コメント(2) 
共通テーマ:コミック

nice! 3

コメント 2

通りすがり

月刊誌の漫画は、週刊誌の漫画と違い、雑誌でのアンケート、掲載順ではなく、コミックスの売り上げが全てです。ちなみに不徳のギルドは重版かかっているので終わりませんよ。漫画がお好きなら、アンチとして気になるタイトルのコミックスでも、発売した時に、posのランキングもちゃんとチェックしましょう。検索すれば調べられますよ。
by 通りすがり (2019-06-18 08:44) 

minerva

月刊誌の評価が売り上げ>アンケートであるというのは知っていますが、全てというのは少しオーバーかな、と思います。
月刊誌のアンケートで1桁から落ちたことがないのにコミックスを刷り過ぎた上で売れなくて打ち切りになった作品がある一方、アンケート至上主義という週刊誌でも50万部(今は違うかも)売れていれば打ち切られないという話もありますし。

掲載順に関しては売り上げとアンケートを加味した人気がそれなりに反映されている部分もあるので、「弩アホリズム」みたいに最終掲載が定位置というスタイルが確立しているのもあれば、打ち切り間際の作品が後ろの方の掲載になることが多いというのもありますし。
ジャンプは露骨ですが、ガンガンJOKER、ゼロサム辺りは終わりそうな作品が後ろの方になることが多いですし、逆にGファンタジーで「黒執事」が掲載順が2番目から落ちたことはほぼないので、人気作品が前の方に来るのは必然ですし。

結局何が言いたいかというと、売り上げとアンケートを加味した人気が掲載順に反映されるので、感想を書くときはその辺りから打ち切りが心配だとかそんなことを書いています。
中堅作品は前に行ったり後ろに行ったり動きが激しいですが、それが後ろばかりになってきたら打ち切り近いのかな、みたいな。

「不徳のギルド」に関しては確かにアンチですし、もっと言えば「戦×恋」「ながされて藍蘭島」など、そこまで絵が上手くないのにエロ狙いと思われる作品全部ダメなので感想はいつもきつめです。
ただ、「戦×恋」はアニメ化するくらい人気も出ているし何度も重版がかかっていると告知があるから好きな人は好きなのだろうし、そこは認めないといけないな、と思いつつ感想を書いています。
by minerva (2019-06-21 10:32) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。