So-net無料ブログ作成

ゼロサム・10月号感想 [スクエニ]

本日の更新は「最新号のお部屋」にゼロサムの感想を書きました。

では、さっそく総評です。
面白かったのは、未完成サイコロトニクス、悪役令嬢、など。
今月は休載少なめというのもあり、割と読み応えがあった気がしました。

来月で「人外さんの嫁 宵町の巫女」が最終回、とのこと。
本編のアニメ放映直前で最終回になるというのがちょっと意外でしたが、アニメ放映中にコミックスを出すことに意味があるようで、そのために最初からここで終わることが決まっていたのだな、と感じました。
話の進むペースが遅いのもコミックス全1巻という終わりが決まっていたからで、朔とこれから仲良く暮らしていきますENDになるのだろうな、と思います。

今月からの新連載1作目「虫かぶり姫」。
一迅社アイリスNEO作品が原作のコミカライズで、連載経緯は「乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまった…」に近い感じです。むしろ、「乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまった…」の連載が成功しているので、別作品も行ってみようという流れなのかな、と思わないでもなく。
内容は、本好きの落ちぶれ貴族の令嬢が王族と形だけの婚約をして本にまみれた日常を送っていたら、何やら不穏分子が現れて……というもの。
すごく少女漫画の色(りぼんとかマーガレット的な)が強いな、と感じました。本誌の中では1番かも。イケメンがいっぱいなので、乙女ゲーの感じがないわけでもなく。
ただ、作画は喜久田ゆいさんで上手いですし、先陣の「乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまった…」など他の作品と被る部分も少ないので、これはこれで連載していく分には問題ないかな、と思います。原作があるというのもあり、すぐに打ち切りになるということもないかと。

新連載2作目「Library Cross ∞~The Lost Memory~」。
こちらはオトメイトのゲーム原作のコミカライズ。
乙女ゲーなので、主人公が女の子で他がイケメンだらけ、というのはお約束でしたが、ストーリーは謎の異空間から脱出するために主人公しか触れない本を完成させないといけない、というもので、これはちょっと面白そうだな、と感じました。
絵は上手いですし、こちらも連載していく分には問題ないかな、と思います。
ただ、ゲーム原作の作品は連載期間が短いのが通例なので、誰か1人の特定ENDに到達して終わりになるかな、と。さすがに「A3!」みたいに続く作品ではない気がするので。
その辺りどうなるのか見守りたいです。
nice!(2)  コメント(2) 

nice! 2

コメント 2

A子

こんにちは。最近台風多いですよね・・・。
ゼロサム、オメガバーズ連続連載開始したかと思ったら乙女系連続連載開始して何が起きてるんでしょうか?(笑)
「虫かぶり姫」なろう掲載版読んでみたのですがあまり長くない気もします。
なろうの令嬢ものいくつか読んだのですが、母が好きな韓流ドラマっぽいなぁと思ったり。(韓国ドラマ自体昔の日本の作品のパクりとか言われてたりしますが)

では失礼します。
by A子 (2018-10-01 18:20) 

minerva

新連載攻勢で新連載を一気に投入するのはいいと思うのですが、似たような作品を同時期に投入するのはなぜだろう?、と私も思います。
系統の違う作品こそ入れてほしいのに。
まぁ、今月からの新連載「荒野に煙るは死の香り」は系統の違う作品ですが、これはこれでそうじゃない、みたいな感じもしてしまって。

令嬢ものはいろいろ周り回ってベタな設定に帰ってきたのが今の流行りなのかな、と思っています。
ただ、悪役令嬢みたいに切り口の違う話ならいいのですが、「虫かぶり姫」と「マリエル・クララックの婚約」はかなりストレートな作品なので、これはこれでストレートすぎるのでは、と思ったりも。
by minerva (2018-10-04 09:54) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。